貧血になる定番の生理前症状

生理で貧血になる症状

生理で貧血になる症状

生理痛は下腹部や腰の痛み、吐き気など、人によってさまざまな症状を引き起こします。

生理 貧血

症状がひどいと仕事や学校に行くことも難しくなり、日常生活にも支障をきたす場合もあります。

生理の時に貧血になるしくみや原因はいったいどんなことなのでしょうか。

貧血は血液の濃度が薄くなってしまった状態をさします。

血液が少なくなるイメージがありますが、酸素を運ぶためのヘモグロビンが少なくなった状態です。

生理で貧血になる原因は主に二つの理由が考えられます。

ひとつめは鉄分不足によるものです。

血液の中には鉄分が含まれています。体の中で鉄分が不足すると、血液が酸素を運ぶことができなくなります

鉄分不足は普段の貧血の原因にもなっています。

二つ目の原因は血液量の不足です。

これは生理時特有の症状で、生理時には経血を輩出しなくてはならないため、全身の血液が子宮に集まります。この時に全身の血液は一時的に少なくなってしまうのです。

鉄分サプリメント

予防としては、普段から食生活に気を付ける必要があります。

普段から鉄分を多く含んだ食事をとることを意識しましょう。

鉄分が豊富な食材にはレバー、ほうれん草、プルーンなどがあります。

鉄分のサプリメントを使うのも有効です。

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

生理での貧血を改善するにはPMSサプリ

一般的に女性は、生理前に黄体ホルモンが多く分泌されます。

その影響で様々な体調不良などを引き起こします。

これらの症状は月経前症候群と呼ばれるものです。

貧血改善

そのなかの一つとして貧血が酷くなることがあると言われています。

とくに、もともと低血圧であったり、血行不良の傾向があったりする方は、黄体ホルモンの影響でむくみや血行不良が起きやすくなります。

血流が滞りやすくなることから、貧血の状態がより悪化する可能性もあります。

生理前の貧血の症状には次のような対処法が効果的です。

ひとつめに、リラックスする時間を作ることです。

たとえば、ぬるめのお風呂に入る、たっぷり睡眠をとるといったことが簡単にできる方法です。

これらによって、自律神経が整い、副交感神経を優位にします。

すると血管が適度にゆるみ、全身の血行がよくなります。

また、サプリを摂取する方法があります。

とくに、ビタミンを含むサプリやPMSサプリは効果的です。

血行を改善させる作用があるとされています。

また、サプリだけで効果が薄い場合には、ピルを用いる、漢方を服用したりする方法があります。

貧血や肩こりがあまりにもひどくなると、症状が頭痛や吐き気に及ぶケースがあります。

生理前や生理中は特に栄養をしっかり補給し、悪化しないようにするのが良いです。

▲ページトップに戻る