胃痛と生理痛の関係

生理痛 胃痛

生理になると生理痛に悩む女性は多いですが胃痛に悩む人も多いです。

強い痛みが出たり、下痢になったりと症状は様々です。

そこで、生理痛と胃痛の症状と原因について説明します。

生理痛 胃痛

なぜ生理前や生理中に胃痛がするのでしょうか?

生理前になるとホルモンの分泌が変化することによって痛みが引き起こされます。

生理前はプロゲステロンというホルモンが活発になります。

これは胃腸の働きを抑えると同時に食欲を増します。食事量が増えるのに、胃の消化機能が低下するので消化できず痛みとなります。

他には、ホルモンバランスが崩れるためにストレスを感じ自律神経が乱れ、胃の動きが抑えられたり、逆に活発になることで消化液が多く分泌され粘膜を傷つけ痛みになります。

生理中の胃痛はプロスタグランジンというホルモンが原因です。

このホルモンが子宮周辺の筋肉が動き、胃腸の動きも活発になります。そのため、
胃の収縮運動が過剰になり胃酸が多く分泌され痛みとなります。

生理前と生理中では痛みの原因が違うため、対処法も違ってきます。

生理前にはストレスをためこまないようにし、おなかに優しい食生活にする、体を冷やさないようにするなどしましょう。

生理中の痛みがひどい場合は鎮痛剤や低容量ピルの使用、漢方薬がおすすめです。

また腹部を温めるようにしましょう。

その他の原因として妊娠や子宮内膜症の可能性がありますので生理痛がひどい場合は病院に行くようにしましょう。

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

生理痛の胃痛を和らげる効果があるサプリ

生理になると生理痛の胃痛が起きてしまうことがあります。

生理痛 胃痛を和らげる

そこでその原因や痛みを和らげる効果のあるサプリについて知っておくと良いでしょう。

生理痛の胃痛が起きてしまう原因は人によって異なっていますが、まずは痛み止めを使用しているということが考えられます。

生理前に生理痛を予防するため、痛み止めを飲んでいるという人も多いでしょう。

しかし、痛み止めは副作用として胃を荒らしてしまうことがあるため、胃痛を引き起こすこともあります。

副作用が出てしまう薬は体に合っていないと考えられるため、服用しない方が良いでしょう。
痛み止めの薬は生理痛の軽減に役立つのですが、辛い副作用が出る場合はマカなどのサプリに置き換えた方が安心です。

また、痛み止めを服用していないのに生理痛の胃痛が起きてしまうという場合、生理不順が原因として考えられます。

マカ 生理不順

生理不順を改善したいと考えているなら、漢方薬やマカのサプリを利用してみると良いでしょう。

漢方薬やマカは生理不順の症状を効率よく改善してくれることはもちろん、副作用のリスクがほとんどないというメリットも挙げられます。

また、医師や薬剤師に最適な改善方法について相談してみるのも良いでしょう。

▲ページトップに戻る