眠気に襲われる生理前:PMSの症状を生活習慣から直すために行うべきこと

生理前の眠い症状

生理前になると睡眠をとっているのにも関わらず日中眠気が襲ってくることがあり、これをPMS(月経前症候群)といいます。

症状が強くでる人の中には生理前になると寝込む人もいます。

生理前 眠い

この主な原因はプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)は排卵後から分泌量が増えるのですが、眠気を引き起こす作用があります。

そしてこの時期は、子宮を温めて妊娠に備えるため体温が下がりにくく、夜の寝つきが悪くなり睡眠の質が低下してしまいがちです。

寝込むほどではなくても生理予定日の一週間ぐらい前から、日中眠くて昼寝をせずにはいられないという人も少なくありません。

こうした生理前の眠い症状は自然現象であり特別心配する必要はありませんが、眠い症状が強いと仕事や家事に支障が出てしまい周囲に迷惑がかかります。

生理前のたびに仕事や家事を休むわけにもいきません。

寝つきが悪い 生理痛

対策としては、朝日をしっかりと浴びて規則正しい生活を心がける、貧血防止のため鉄分を意識して取る、ゆっくり湯船に浸かってリラックスする、適度な運動をして睡眠の質を高めるなどがあげられます。

普段の生活を見直してできるところから始めていきましょう。

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

眠れないほどの生理痛が起きる原因

生理になると眠れない程の痛みに悩まされ朝方まで苦しむ人も多く居ます。

眠い目をこすりながら痛みと闘うので毎月が憂鬱になる方も非常に多く居ます。

生理痛の痛みは女性特有の物ですので周囲の理解が難しく、毎月に鎮痛薬を服用して乗り切る方も居る程です。

生理痛 原因

原因の多くは子宮の収縮による痛みで、経血の排出を即す女性ホルモンの影響ですので、薬で麻痺させても経血を出し切るまではずっと痛みとの格闘になってしまいます。

ストレスが酷かったり体内のホルモンバランスが悪いと子宮の収縮のが強くなり過ぎたり、間違えて子宮の周りの血管も収縮させてしまうと言う弊害が起きてしまい、強烈な生理痛の他に腰痛や冷え性を発生させてしまう原因になってしまうのです。

ホルモンバランス

痛みで毎日眠れないと言う方に直接下腹部を温める事が痛みを緩和させてくれる事もありますので、眠る前にお腹にペットボトルにお湯を入れてお腹に当てたり、少し時代遅れと思われるようですが腹巻等が非常に有効な方法ですので、生理の時だけでもしっかり下腹部を温める事をお勧めします。

また眠れない時にはたんぽぽ茶をゆっくり飲む事で身体の芯から冷えを無く血行を良くする事によってかなりの軽減が出来ますので眠る直前に飲むようにします。

生理痛で眠れない…そんな時のPMSサプリ

生理の前はとても眠いのに、生理が来たら生理痛で痛くて眠れないということがあります。生理痛とは、経血の排出を促す女性ホルモンの影響で、子宮が収縮することが原因で引き起こされる痛みです。

体内のホルモンバランスが悪いと、子宮の収縮が強くなり過ぎたり、間違えて子宮の周りの血管も収縮させるということが起こります。

それによって痛みが生じるというわけです。痛みで眠れないとさらに生理痛を悪化させる悪循環になってしまいます。

そんな時におすすめなのがPMSサプリです。
PMSサプリは生理痛を体質から改善したり、PMSの改善に効果があります。

特に効果があるのは、PMSや生理痛に効果のあるチェストツリーや、抗酸化作用のあるピクノジェノールや、自律神経の調整とホルモンを生成する働きがあるプラセンタや、自律神経を調整して不眠症を改善するイソフラボンなどの成分が含まれているPMSサプリです。

サプリを服用することによって、痛みなどの肉体的な症状も改善されますし、イライラやもやもやなどの精神的な症状も改善されるのです。

また、生理による痛みで眠れない時だけでなく、PMSの症状として現れる不眠症にも効果が見られるので、辛い症状で悩んでいる人は無理せずサプリを活用するようにしましょう。

▲ページトップに戻る