いつも生理前の肌荒れに悩まれてる方の共通点を発見!生理前の肌荒れの原因

肌荒れ

生理前は皮脂が過剰に分泌しやすいのでニキビなどの肌荒れに陥る女性が多いです。

生理前の肌荒れを防ぐためには、洗顔時にいつもより優しくたっぷりの泡で洗うことがポイントです。

皮脂が多いTゾーンはしっかりと洗う必要がありますが、その他の部分をゴシゴシ洗うと肌が乾燥して、さらに肌荒れが悪化します。

肌荒れ

生理前は肌がデリケートになっているので、念入りに洗いますが刺激をなるべく与えないようにします。

肌の乾燥を防ぐためにお湯よりも水で洗顔するのがおすすめです。

メイクをする時は、毛穴を詰まらせやすいリキッドファンデーションを避けて、着け心地の軽いパウダーファンデーションを薄く塗ります。

ニキビは無理に隠さない方が良いですが、気になる部分はコンシーラーでカバーしてクレンジングをしっかり行います。

紫外線は刺激となるので、UVカット対策のファンデーションや日焼け止めが必須です。

生理前は甘い物を食べたくなりますが、肌荒れの原因になるので暴飲暴食は控えます。

ケーキを食べるのではなく、フルーツやヨーグルトで食欲を満たします。

ナッツ類は小腹を満たすのにちょうど良いですが、脂質を多く含むので生理が終わってから食べるようにします。

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

生理前に肌荒れしてしまう原因

生理前になると肌荒れしてしまい悩んでいるという女性も多いです。

生理前(PMS)に肌の調子が悪くなってしまう原因としては、ホルモンバランスの乱れが大きく影響しています。

ホルモンバランスの乱れは肌の調子を悪くしてしまうだけではなく、イライラやむくみなどの症状を引き起こしてしまいます。

生理前の10〜12日間は黄体ホルモンの分泌が活発になっています。

このホルモンは妊娠を促して、妊娠に備えて栄養や水分を備蓄する働きをし、皮脂の分泌量を増やす働きもするため肌荒れの直接的な原因となります。

皮脂が過剰に分泌されれば、ニキビなどができやすくなり、メラニンの生成も活発化するため肌のくすみも起こる場合もあります。

生理前に肌の調子

このような肌トラブルを予防するためには、皮脂の分泌を減らすためにも動物性の脂質は取り過ぎないようにし、スナック菓子やチョコレート、ナッツ類も避けることが無難です。

避けることは皮脂の分泌を抑えることになりますが、野菜を意識して食べることによって肌に良い栄養を摂っていくことを意識することも重要となります。

また、ホルモンバランスを整えることも大切なため、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きのする豆乳などの大豆製品に含まれた大豆イソフラボンを摂ることも効果的です。

▲ページトップに戻る