ホルモンバランスの乱れが原因?生理前のイライラを改善する近道

生理前 イライラ

女性ならばほとんどの人が体験したことがあるであろう生理前の不調には下腹部痛・頭痛・腰痛などの身体的症状とイライラ・憂鬱感・感情の高ぶりなどの精神的症状があります。

生理前 イライラ

これらには月経前症候群(PMS)や月経前不快気分障害(PMDD)という名前がきちんとついており、性格などではなく生理前になることでホルモンバランスが変化し起こるものです。

我慢しているだけでは治らない生理前のイライラを改善するための方法は様々ですが、自分だけではどうしようもなくなったときはお医者さんにかかることも大切です。

婦人科等で処方される低用量ピルには女性ホルモンが微量ではありますが含まれていて、それにより生理をコントロールできると共にホルモンのバランスもある程度とってくれるためイライラなどの諸症状が軽減する場合が多くあります。

低用量ピルを使用するのは抵抗があったり問題があって使用できない際には漢方薬を処方してもらうのもよい手段です。

通信販売でも漢方薬は入手可能ですが、やはり自分の症状をきちんとお医者さんに伝えた上でそれに一番合ったものを出してもらうのがベストでしょう。

漢方を取り扱っている薬局が家の近くにあるのならそこで薬剤師さんに相談しても選んでもらえます。

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

生理前にイライラしてしまう原因は?

生理前にイライラしてしまうのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのが原因です。

生理前 イライラ原因

プロゲステロンの分泌が多くなるとイライラがひどくなります。

生理前にはホルモンバランスが大きく崩れるので、それをできるだけ整えてあげるのが対策になります。

イライラ ホルモンバランス

エストロゲンのバランスを整えるために、大豆製品、食物繊維の多い野菜、などを積極的に摂取すると良いです。

また、むくんで体重が増えてイライラするという場合には、水分を排出する効果があるカリウムの多い野菜や果物を摂取しましょう。ブロッコリー、さつまいも、バナナ、アボカド、グレープフルーツ、などがオススメです。

逆に、糖質が多いものは血糖値を急上昇させてイライラを悪化させてしまいます。

コーヒーなどのカフェインが含まれた飲料も生理前には控えたほうが良いです。

あとは、家の中をゆっくり休める環境に整えてあげることが大切です。好きなアロマを嗅いだり、ハーブティーなどを飲むと心がほぐれます。

ベルガモットには不安定な気持ちを落ち着かせる効果、ラベンダーには興奮を抑えたり、生理による腹部の痛みや頭痛を緩和してくれる効果が期待できます。

▲ページトップに戻る