PMSの原因として胸が張って痛いことはありませんか?症状を軽減する方法はやっぱりサプリメントかも

生理前 胸が張って痛い

生理中だけではなく、生理前の不快症状に悩んでいる女性は多く、これを月経前症候群(PMS)と呼びます。

身体的症状としては、体が重たく感じたり、異常な眠気、頭痛、腹痛、便秘や下痢、めまい、ニキビなどが挙げられます。

生理前 胸が張って痛い

また、精神的症状として、イライラ感や気分の落ち込みなどといったこともみられます。

これらの症状には個人差があり、全く何も感じない人もいれば、辛くて寝込んでしまうくらい酷い症状に悩まれされている人もいます。

ところで、生理前に胸が張って痛いことはありませんか?実はこれも月経前症候群の症状の一つになります。

生理前に胸が痛くなる原因は、乳腺組織の増殖によります。

排卵後次の生理が来るまでの黄体期と呼ばれる期間には、私たち女性の体は妊娠や出産に向けた準備をはじめます。

出産後の授乳のために体が乳腺を発達させようとすることからくる痛みであり、これはプロゲステロンという女性ホルモンの働きによります。

この痛みは生理のはじまりとともに次第に気にならなくなっていくものですが、痛みが強くて辛い場合は、きついブラジャーで胸を締め付けないようにするなど工夫してみましょう。

また、生理が来ても強い痛みが続く場合は、乳腺症や別の病気の可能性も考えられます。その場合は、我慢せずに婦人科に相談しましょう。

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

生理前に胸が痛くなる症状

生理前になると胸が張って痛くなるという症状を感じる女性も少なくありません。

痛みを感じると「病気なのでは?」と不安に感じますが、多くの方の場合生理が始まるとハリ感や痛みは自然と消えて行きます。

生理前 胸が痛い

生理前に起こりやすい、このような症状は女性ホルモンが原因と言われています。

女性は卵巣から卵胞ホルモンと、黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが分泌されており、この2つのホルモンバランスが変化する事で、排卵したり生理となるのです。

排卵後、生理前になると黄体ホルモンの分泌が、急激に増加します。

黄体ホルモンは子宮内膜を厚くするなど、妊娠しやすい体へと変化させる働きがあります。

また、黄体ホルモンは胸にある乳腺という組織を、発達させる働きも持つ女性ホルモンです。

黄体ホルモンの分泌が過剰になっている場合、乳腺が刺激され胸のハリや痛みを感じやすくなります。

生理が始まり黄体ホルモンの分泌量が減ると、ハリや痛みが薄れるのは乳腺への刺激が少なくなる為です。

生理前に胸が張る、痛いといった症状を感じる方の場合、女性ホルモンバランスが崩れているかもしれません。

ホルモンバランスを整える為に、食生活や生活習慣などを見直してみましょう。

また、生理が始まっても痛みなどがある場合、他の病気が考えられるので、早めに専門医を受診する事が必要です。

▲ページトップに戻る