生理になると微熱・発熱が起こる理由と改善方法。黄体ホルモンと脳の体温調節の関係

生理で発熱する原因

生理になると発熱する症状が出る人もいます。

とくに生理前は高温期と呼ばれる基礎体温が高くなる時期に入るといわれています。

生理による発熱

この基礎体温が上がる原因は排卵後に分泌される黄体ホルモンが原因だとされています。

黄体ホルモンは脳の体温調節に作用して体温を上昇させます。

排卵後、卵巣から黄体ホルモンが分泌されて1〜2日後に高温期は始まります。

高温期と判断する目安は婦人体温計で測定した基礎体温が36.7℃以上だとされています。

ただし、高温期の体温は卵胞ホルモンの分泌される低温期との比較でしかみられないためあくまでも目安です。

基本的に高温期と判断するためには基礎体温が低温期と比べて平均して0.3℃以上上がった場合と考えられています。

理想的な体温としては0.3〜0.5℃ほどだといわれています。

生理前に基礎体温が37℃以上になり発熱したのではないかと不安になる人も多いですが、低温期との差が0.3〜0.5℃ほどであるなら心配はないとされています。

しかし、女性の体は変化しやすいため基礎体温を毎日測って熱の変化を記録しておくことをおすすめします。

また、妊娠した場合にも高温期よりもさらに1℃ほど上がることがあり、それ以外にも唾液が増える、食べ物の好みが変わることなどもあるため注意が必要です。

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

発熱を伴う生理痛をサプリで改善

生理前にはPMSと言ってさまざまな不快な症状が出てきてしまう女性が増えています。

この原因は月経を引き起こす女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量の増減に大きく関連があります。

月経前にはエストロゲンの分泌量が急激に減少してしまうため、様々な不快な症状が引き起こされ、生理痛などの腹痛や頭痛さらにはめまいやだるさで起き上がれないほど辛いという方もいらっしゃいます。

発熱を伴う生理痛

中には発熱を伴うケースもあり、会社に通勤できなくなるなど支障が出てしまうケースもあります。

こうした発熱を伴う生理痛を改善することができるのがサプリメントです。

サプリメントは女性ホルモンのバランスを整えることをサポートしますので、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる発熱や腹痛を緩和することができるのです。

天然のハーブや成分を配合した優しい処方のものを選べばホルモンバランスの乱れを整えると同時に、冷え性などの改善を行い、生理前のつらい症状を解消することができるのです。

月経前は出来るだけ睡眠をたっぷりとりストレスを溜め内容に工夫する、適度な運動でリラックスした状態を作るなどの工夫をすることでより快適に過ごすことができるのです。

▲ページトップに戻る