PMSの原因でもある下腹部痛:女性ホルモンの1つ黄体ホルモンとは?

生理前の下腹部痛はホルモンのせい?

理前になると下腹部痛や乳房のハリ、吐き気などを感じたことはありませんか。

このような症状を生理前症候群、またはPMSといいます。

症状は生理前の1~2週間前から症状があらわれて、生理が始まると消えていきます。

症状の強さには個人差があり、強い下腹部痛を解消させるために鎮痛薬を使う女性もいます。

下腹部痛

では、なぜ生理前になると痛みを感じるのでしょうか。

PMSには卵巣から分泌される女性ホルモンの1つである黄体ホルモンが下腹部の不快感に関係していると考えられています。

また、プロスタグランジンというホルモンも下腹部痛の原因の1つに挙げられます。

プロスタグランジンは出血を促すために子宮を収縮させる働きがあります。

出産の時の陣痛の痛みを起こしているのもプロスタグランジンです。生理の周期に合わせて分泌されるプロスタグランジンは、生理前になると分泌量が増えるので痛みを感じてしまうのです。

プロスタグランジンの分泌量が多い人は、痛みも強いということになります。

痛みを解消する方法として、避妊薬の低用量ピルや鎮痛薬などを使うと効果があります。

しかし、下腹部痛には子宮の病気が隠れているケースもありますので、気になる場合は病院で相談すると良いでしょう。

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

生理前に下腹部痛がする原因は?

生理が始まると下腹部が痛む人は多くいますが、生理前にも下腹部痛を訴える人も少なくありません。

生理中に起こる下腹部痛の原因は、子宮の収縮によって起こる症状ですが、生理前の腹部の痛みは、月経前症候群の症状の一つで、ホルモンバランスが乱れ、自律神経のバランスが乱れることで起こります。

生理前になると、徐々にプロスタグランジンという物質が分泌されるようになり、子宮を収縮させて子宮内膜を体外に出そうとします。月経前症候群のチクチクした痛みは、プロスタグランジンが生理にむけて少しずつ分泌しているために起こります。

生理前に下腹部痛

元々生理痛がひどい人の場合、このプロスタグランジンの分泌量が多いことが原因の場合が多く、子宮筋腫などの病気が影響することもあります。

排卵から生理前のタイミングは、プロゲステロンとエストロゲンが入れ替わるタイミングで、ホルモンバランスの乱れによって痛みを感じることがあります。

通常、月経前症候群による痛みは、生理後には治まりますが、生理後にも痛みが続くようなら、婦人科系の病気の可能性があるので、注意が必要です。

毎回鎮痛剤を飲むほどの痛みが続いたり、寝込むほど痛む、鎮痛剤を飲んでも効果がなく耐えられないほど痛みが強い場合は、婦人科系の病気の可能性が高いため、早めに受診することが大切です。
/td>

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

生理前の下腹部痛にPMSサプリ

生理が近づくと様々な不調が出てきますが、その中の1つが下腹部に痛みを感じるという症状です。

この生理前の下腹部痛は子宮の辺りがチクチクしたりズキズキしたりするもので、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなっているのが大きな原因です。

下腹部痛にPMSサプリ

生理と関係しているため時期的な症状とも言えますが、その度合いによっては立っていられないほど強く出る人もいます。

こういった生理前の下腹部痛を和らげるには、お腹を温めるという方法がありますが一時的な対処法でしかなく、ケアを終えるとまた痛みが出る場合があります。

その点、痛みを感じたときにすぐPMSサプリを摂取するという方法は、効果的に痛みを抑えていける最善策だと言えます。

PMSサプリには鎮痛作用のあるピクノジェノールをはじめとして、いくつもの有効成分がバランスよく配合されています。

サプリの種類にもよりますが、植物など自然由来の成分が使われているものを選ぶと安心です。

わざわざ下腹部を温めたりすることなく体の内側から効率的に働きかけることができるため、生理前だとしても休みをとれないような忙しい女性にも便利です。

女性ホルモンのバランスを整えるには食事を見直すことも大切ですが、生理は毎月のことなので手軽に利用できるPMSサプリをうまく利用していきたいです。

▲ページトップに戻る