下痢になってしまう生理前の症状

生理で下痢になってしまう症状

生理になるとお腹が痛みや便秘・下痢などに悩まされていませんか。

普段は便秘気味の人でも生理期間中は下痢になってしまうのは、卵巣から分泌している女性ホルモンが深く関係しています。

女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類があります。

生理 下痢

黄体ホルモンには、腸の動きを抑える働きがあり便秘を引き起こしてしまいます。

しかし、生理になると黄体ホルモンの分泌量が減って、腸の動きが良くなってしまうため下痢になってしまうのです。

また、生理の時にはプロスタグランジンというホルモンの分泌量が増えます。

プロスタグランジンは子宮を収縮させる働きがあり、腸の動きも活発にします。

生理になると下痢と腹痛になるのは、黄体ホルモンやプロスタグランジンの影響が大きいと考えられています。お腹を冷やすと血行不良が起きて症状が強くなることもあります。

お腹を出来るだけ冷やさないようにするのも解消方法の1つです。

アルコールやコーヒーを控えてることも大切です。

症状を抑えるには、チェストベリーなどのハーブを使ったサプリメントやピルなどを使う方法もあります。

チェストベリー サプリメント

チェストベリーやピルには女性ホルモンが配合されているので、服用するとホルモンバランスが整えられて症状が改善します。

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

生理痛と下痢の症状と原因

生理の時、生理痛だけでもつらいのに、下痢の症状が出ることがあります。

より一層腹痛が辛くなるので生活に支障がでることもあるでしょう。

なぜ、ここまでひどい痛みを伴うのでしょうか。

原因は、プログラスタンジンの過剰分泌です。

生理の時に経血を子宮の外へ運ぶために分泌されるほか、陣痛を促すためにも分泌します。

女性にとっては必要な物質ですが、痛みを伴います。

しかも、胃や腸も収縮させることができます。だから、下痢を引き起こしてしまうのです。

生理痛 下痢 症状

生理痛がひどいのもプログラスタンジンが過剰分泌しているためです。

では、なぜ過剰分泌するのでしょうか。

ホルモンバランスの乱れや血行不良などが考えられます。

睡眠不足や運動不足、偏った食事や飲酒・喫煙などによって症状が出やすくなります。

生理が来るたびにひどい生理痛や下痢の症状が出る人は、生活習慣を見直す必要があります。

生理痛 生活習慣

特に、下痢を引き起こしやすいものを避けるようにすることも大事です。

果物や豆類に入っている糖分も気を付けなくてはなりません。

また、辛いもの、コーヒー、冷たいものも消化管を刺激するので避けたほうがいいでしょう。

規則正しい生活と、生理中には、以上の飲食物を避けるなど工夫が必要です。

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

生理痛や不快な下痢症状の改善対策

生理のとき辛い症状に頭を抱えている女性も多いのではないでしょうか。

生理痛がひどいと日常生活も楽しく送ることができませんし、ブルーな気分になります。

では、このようなつらい症状を改善するためにはどのようにすればよいのでしょうか。今回は生理通の改善対策について書きます。

タイトルの通り、生理痛の主な症状として腹痛と下痢があげられます。

まず、腹痛を予防する方法について書きます。

腹痛は血液の流れが悪いためおこっている場合があります。

座り仕事の女性も多いと思いますが、日ごろから身体の凝り固まった部分に対してストレッチをすると良いでしょう。

ヨガは血液の循環をよくし、生理時の腹痛を和らげる効果があるといわれているのでヨガ教室に通うのもよいでしょう。

生理時の腹痛はストレスが原因となっている場合もあります。

生理中は、部屋にアロマオイルを充満させリラックスできる状態を作るように心がけるのも良いでしょう。

下痢を予防する方法についてですが、冷えが原因となっている場合があります。

夏場でも身体を冷やさないように毎日半身浴すると自然と身体が芯から温まるでしょう。冬場は腹巻をつけるようにしましょう。

上記の方法を実践しても生理痛がひどい場合もあります。

そのような場合は、婦人疾患である可能性がありますので必ず婦人科を受診するようにしましょう。

▲ページトップに戻る