つらい頭痛を改善したい

生理中の頭痛

生理中つらい頭痛に悩まされることがあります。

生理中は頭痛の他に下腹部痛やひどい眠気、下痢や便秘などを引き起こすこともあり、女性にとってはブルーディと呼ばれるほどゆううつな時期でもあります。

生理中に起こるつらい頭の痛みはずきずきと痛むことが多いです。

これは女性ホルモンが関係していて、生理前の黄体期に卵胞ホルモンであるエストロゲンが急に減少することで起こります。

生理中の頭痛

エストロゲンが急に減少してしまうと脳内物質であるセロトニンも減少してしまうため脳内の血管が拡がり、頭の痛みが起こってしまいます。

生理中の頭の痛みは片頭痛であることが多く、動いたり、まぶしいものを見たりすると痛みが増します。

音にも敏感になるため痛い部分を冷やし、薄暗い部屋で横になるのが一番良い方法ですが、このような頭の痛みは起こる30分ほど前に、目の前に虫のような光のようなものが飛ぶ前兆があるので、この段階で鎮痛剤を飲むと頭の痛みが軽減されます。

頭の痛みはストレスによっても起こります。生理中は気がめいりますが、散歩やウォーキングなどを行い、気分転換を行うようにします。

ウォーキングなどの有酸素運動は血液の流れも良くするので下腹部痛も和らげてくれます。

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

生理での頭痛の症状

生理になると下腹部痛や下痢、肩こり、頭痛を感じることがあります。

個人差があるので、痛みの度合いも人それぞれで、特に頭痛の場合、生理でなる方もいれば、生理前から起こる方もいるため、多くの女性が不快に感じている症状となっています。

生理でなることの多い頭の痛みは片頭痛であることが多いのも特徴の一つです。

生理で頭が痛くなる原因には、女性ホルモンが関係しています。

生理での頭痛

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンがあります。

生理ではエストロゲンが急に減少してしまうため、ホルモンのバランスが乱れ血管を拡張させてしまいます。

血管が広がると頭痛は起こりやすくなります。

この他、生理の際に分泌されるプロスタグランジンという物質は、痛みや炎症を起こします。

プロスタグランジンがいつもより多く分泌されると、強い生理痛や頭の痛みが起こります。

生理での症状は、血流が悪くなったり貧血状態になったりすることでも起こります。

痛みからのストレスにより起こることもあるので、生理中はゆったりと過ごすことが大切です。

アロマを炊いたり、サプリメントやハーブティを飲んでも効果があります。どうしても痛い場合は鎮痛剤を使用しても良いでしょう。
/td>

>> PMS・生理痛・排卵痛サプリメントランキングはこちら <<

POINT1
生理前に頭痛が起こるのはPMSです。

生理前になるとなんとなくだるくなったり腹痛を感じたりというのは多くの女性が経験することですが、これは月経前症候群と呼ばれる症状です。

生理前の月経前症候群は別名PMSとも呼ばれて、ひどい方は腹痛やだるさで起き上がれずに日常生活に支障が出てしまうケースもあるほどです。

こうしたPMSの症状は腹痛だけではなく頭痛となって現れる方もいます。

なんとなく頭が痛いことが増えてきたという方は、その頭が痛くなった時期をメモしていくとちょうど生理前に集中していたということがありますが、これは月経前症候群の症状の一つです。

頭痛にpmsサプリ

原因のわからない頭の痛さに不安を感じていた方も、こうした月経前症候群の治療やケアを行うことで頭痛が緩和されたということもあるのです。

月経前症候群の治療としてはピルなどを用いたホルモン療法や、プラセンタ療法など様々なものがあります。

月経前症候群の原因は急激なホルモンバランスの変化ですから、ピルやプラセンタでこのホルモンを補ってさまざまな症状を緩和するのが狙いです。

また月経前は体調を崩しやすい時期ですから温かくして冷えを防いだり、睡眠を十分とるなどしてストレスを緩和し、急激なホルモンバランスの乱れに備えることも大切です。

▲ページトップに戻る