生理痛の腹痛はサプリを飲んで軽減しよう!

PMS:生理痛の腹痛

PMSとは、英語のPremenstrual Syndromeを略であり、月経前症候群と呼ばれているものです。生理前に腹痛を感じる場合、これはPMSの症状と考えることができます。痛みの場所は胃であったり下腹部であったり、大腸の場合もあります。

なぜこのような痛みを感じてしまうのでしょうか。

その原因は女性ホルモンの影響です。

PMS:生理痛の腹痛これによって子宮が収縮するのですが、これがお腹周りや腰の筋肉を緊張させます。また生理のときは自律神経が乱れやすく、このことが胃腸の機能を低下させ、胃痛や便秘をひきおこすこともあります。几帳面な人や神経質な人、また甘いものが好きで運動不足な人は自律神経が乱れやすくPMSの症状がでやすいといえます。

こんなとき症状を和らげるのに効果的なのがサプリです。サプリにはPMSの原因である女性ホルモンのバランスを整える作用があり、腹痛や腰痛などの痛みやイライラ、倦怠感などの精神的な症状も改善することができます。薬だと副作用の心配をする必要があります。ところがサプリに含まれている成分は、人工的に合成されたものではなく、天然の成分を使用しているため、副作用を心配する必要もなく安心して使用できます。

▲ページトップに戻る