PMSを改善したい!月経前症候群に効果のあるサプリ・漢方とは?

PMS・月経前症候群;サプリ・漢方

PMSいわゆる月経前症候群に効果があると言われているサプリメントには、ホルモンバランスを整える成分が含まれているものが多くなっています。

例えば女性のためのハーブと言われている「チェストツリー」は黄体ホルモンの分泌を促してホルモンバランスを正常化してくれますし、月見草オイルなどで有名な脂肪酸の一種である「γ-リノレン酸」が含まれているサプリも女性ホルモンを整えてくれます。
PMS・月経前症候群;サプリ・漢方

そして効果はゆっくりになりますが漢方薬にもPMSの改善に効果があるものがあります。

体表的なものとしてはPMSが原因のイライラや憂鬱・不眠・冷え性・むくみなどに効果がある「加味逍遥散(かみしょうようさん)」や、冷えやむくみが強く便秘や肩こり・のぼせなどの症状がある場合には「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」などが処方されます。

そして便秘・肩こり・のぼせに加えてイライラや不眠・頭痛などがある場合には「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」が効果的だとされています。

ただ漢方薬は保険が使え病院で処方してもらえるものと自費で購入しなくてはいけない場合があり、またその人の体質に合った漢方でないと効果が期待できないため医師や漢方の専門医に相談してから購入または摂取するようにしてください。

 >>PMSサプリ・月経前症候群サプリメントランキングはこちらから<< 

PMS ハーブティ

辛いPMS対策!サプリよりも効果的なハーブティーとは?
月経前に起きる、非常に辛い症状でもあるPMSに悩む女性は少なくありません。もちろん症状や程度には個人差があり、人それぞれに異なるため、対策もさまざまに異なるものです。

実際、PMS対策としてサプリを摂取するという女性も多いことでしょう。しかし、サプリよりも効果的な対策として、ハーブティーが広く用いられるようになってきました。

たとえば、PMSの症状を軽減するのに効果的なハーブとして、チェストツリーと呼ばれるものがあります。

このチェストツリーの実であるチェストベリーは、これまでにも婦人科系の症状を緩和させるためにたいへん広く使用されてきました。

ホルモンの分泌を司る視床下部に働きかけることができるため、ホルモンバランスの乱れを改善することができると言われています。そのため、月経前の辛い症状の緩和につながるというわけです。

またPMSに効く別のハーブとして、レモンバームがあります。レモンバームも古くから薬草として使われてきたものですが、神経と脳を強化する働きがあります。

さらにパッションフラワーと呼ばれるものは、神経を穏やかに保つのに効果を発揮します。これらのハーブは、サプリよりもPMSの緩和に効果的であると言われています。

▲ページトップに戻る