毎月一回やってくる辛~いPMS!その原因と症状を軽減させるための5つの方法

PMS 原因と症状

生理前にイライラしたり体調が悪くなるなど不調を感じることがあり、これらの症状はPMSと言います。

PMSは、体と精神的な症状があります。体には胸の張りや痛み、腹痛や腰痛、眠気、食欲が増すなどで、精神的にはイライラや憂鬱感などです。

PMSの原因は、生理周期に合わせてあらわれるため、ホルモンと脳内物質の変化に関係しています。

症状卵が終わってから生理が始まるまでの約2週間にプロゲステロンという女性ホルモンが増えることでPMSが起きます。またセロトニンの減少が精神的なコントロールができなくなり、精神的に不安定な状態になるのです。

PMSを軽減させるためには、症状が出やすい生理前の2週間の間はストレスを溜めずに過ごすことが大切で、軽い運動やストレッチ、毎日入浴する、ハーブティを飲む、日光を浴びる、サプリメントを摂取する方法などがあります。

軽い運動をすることは血流が良くなり、頭痛や腹痛などの体の不調が緩和されます。

また、入浴も38〜40度程度のぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、体の疲れが取れるだけではなく、リラックスできます。入浴剤などを入れると気分もリフレッシュできます。

日光を浴びることは喜びを感じるセロトニンが増えることにつながり、精神的に安定し、イライラも少なくなることが期待できます。

 >>PMSサプリ・月経前症候群サプリメントランキングはこちらから<< 

PMSサプリ 薬局

PMSは、生理が始まる3日前から10日前くらいから起こる、イライラや腹痛、頭痛や眠気など、心や体の不快な症状のことで、月経前症候群とも呼ばれています。

PMSは、生理が始まると同時に、症状が軽くなり、消えていくことが特徴で、腹痛などがある生理痛とは異なるものです。

女性の8割が、何らかのPMSの症状を抱えていると言われており、辛い症状に悩んでいる人も多く、生理前になるといらいらしたり、くよくよして落ち込んでしまうという人や、だるくて眠くて、何もやる気がしなくなってしまうといった心の辛さや頭痛や吐き気、食欲増進などの体の辛さ、ニキビや吹き出物、肌荒れなど肌の不調など、症状は様々です。

病院で処方される薬を飲むことに抵抗があったり、自分でできるPMS対策をしたいという方は、月見草やチェストツリーなどのハーブを配合し、ビタミン類なども含んでいるサプリメントを、薬局で購入することができます。薬局で買えるサプリは、安全性が高く、副作用の心配がないので、安心して飲むことができます。

女性特有のホルモンバランスの乱れを整え、辛い症状を緩和する効果が期待できるサプリを活用すると、いつの間にか、辛い症状が楽になることがあるので、我慢しないで試してみることがおすすめです。

▲ページトップに戻る